AGURICULTURAL
TRAINING
農業研修制度

自社ファームがある鳥取県で農業研修を行っています。土作りの工程で重要な肥料作りを学んだり、野菜を植えたりと普通のIT企業では体験できないような実習を行っています。

PROGRAM

私達はなぜ、農業研修をするのか?

現在のビジネスの多くは複雑化し、分業化しています。そのような状況では、仕事をしている実感が湧かない方も多いと聞きます。農業は、「食べる」という人が生きていくうえで欠かせない営みを支える根源的な事業です。「土をつくり、種をまき、育て、収穫し、売る」という一連の作業は、シンプルであるがゆえに一見すると誰でもできるように思えますが、実は「やり遂げることの大変さ」や「人との関わり」といった、社会で働くうえで欠かせない要素がたくさん詰まっています。私達が農業研修を行う理由は、ここにあるのです。

弊社農業のようす

弊社は鳥取県にある自社ファームで、JGAP(食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証)に準じ(*)、安全で美味しい野菜を栽培しています。トゥリーアンドノーフという農業法人を通じて、「人を元気にする野菜をつくります。」という信念のもと、持続可能性と科学的視点・統計データを重視し、化学合成農薬や化学合成肥料を極限まで抑えて野菜を育てるという非常に難易度の高い農業を行っています。今回その様子の一部をムービーに収めました。
*認証に向けて準備中