等身大の自分で、
自分の歩幅で。
将来の子供たちに
オモイとカタチを残したい。

技術職

2017年新卒入社/村上 佳帆理

INTERVIEW

INTRODUCTION

2017年度新卒入社。中央大学法学部出身。学生時代は和洒落たダイニングでのアルバイトに時間を費やし、趣味の旅行で自分らしさを磨き、精一杯楽しんできた彼女の魅力は、等身大のおもてなしの心。中高時代の茶道の経験や、アルバイトでの接遇の経験が活かされていて、自然な彼女らしい立ち振舞が人々を惹きつけてきました。将来の目標はIT技術を徹底的に身に付け、どのような技術進化が起きたとしても、それらを利用する人々をもてなし、惹き込むこと、そして次世代の子供たちが活躍する場を提供するシステムを開発することだそうです。

どんな就職活動をしてきましたか?

なるべくたくさんの方の話を聞くようにしていました。学校の先輩は就職活動を体験していますし、企業の方は実際にその仕事に携わっています。業界や企業を自分のイメージだけで決めつけて動くのではなく、そんなイメージがあるけれど実際はどうなんだろう?という疑問を持ち、わからないことがあれば実際に足で動いて伺うことを意識していました。それによって自分が想像もしていなかったITという世界に、ALHという素敵な会社に巡り会うことができました!

ALHの面接はどんな印象でしたか?

非常に興味深いものでした。私が面接を受けてきた多くの企業は私に質問を投げかけ、それについて深堀りをし、最後に質問はありますか?という形式が一般的でした。
しかし、ALHの面接はそれだけではなく、会社のことを面接の中でしっかり説明してくださったり、文系卒の私にもIT業界がどういうものなのかを、とても丁寧に説明してくださいました。
私のことを知ろうとしてくださっているのと同時に、会社のこともしっかり知ってもらおうとしている面接の姿勢が伝わってきて有難かったです。

その内定者研修や懇親会の雰囲気はどうでしたか?

働く皆さんが楽しそうでとても和気あいあいとしており、とても居心地がよかったです。内定者だけで研修や懇親会をしたりする企業は私の周りでもよく耳にしますが、会社の経営層の方まで足を運んでくださるところに緊張もしましたが非常に有難いことだと感じました。IT企業といえば、私のイメージはパソコンと寝食を共にする、人との関わりが少ないという勝手なイメージがありましたが、実際に経営層の方々や社員の方々にお会いすればするほど、そのイメージは良い意味で崩れ去りました。ただ職場の人というよりも、仲間としての繋がりがそこにはありました。入社する前にこれだけたくさんの方にお会いできるところに、会社の雰囲気に触れられる有り難みと同時に気を引き締めることができる貴重な時間となりました。

なぜALHに入社を決めたのですか?

元々エンジニアに興味があったのですが、文系からでもエンジニアになることができるところに惹かれました。それだけでなく、面接を乗り越え、ALHの皆様にお会いした際に、会社の雰囲気が自分にとてもマッチしていると感じました。社員一人ひとりがが優しく、誇りを持って仕事をしていることが伝わってくることはもちろん、個性もあり素敵だと思いました。私もこの会社に勤めることで、自ら成長し、自分らしく振舞うことができるのではないかと思い、ALHを最終的に選ばせていただきました。