裏舞台で活躍する
ダークヒーロー。

総合職(営業職)

2016年新卒入社/鷲尾 健登

INTERVIEW

INTRODUCTION

2016年新卒入社。広島大学経済学部出身。個性たっぷりで人間関係構築に長け、営業部をリードする鷲尾さん。彼は今の自分に対して、「今の自分は、為すべきことをやり遂げたのか」と常に問いならが全力で仕事にもプライベートにも向かう。ALHのスタイルの望ましい行動にある「思いっきり仕事して思いっきり遊ぼう!」を体現し、周囲への影響力が大きい人物であるのは誰しも認めるところ。彼のようなエネルギッシュで困難にタフに立ち向かう背中を見て育つ後輩も多いと思います。その結果、マネージャー職にスピード昇格し、社員にも顧客にもかつてない価値の提供を続けています。

マネジメントの醍醐味は何ですか?

自分のチームをマネジメントするって家族に近い関係性だと思っています。例えばメンバー(=子ども)が成長して巣立っていくのは喜ばしいことですが、リーダー(=一家の大黒柱)がチーム運営を放り投げることがあろうもんなら相当な状況ですよね。単なるチームの成果だけではなく、メンバーの人生や未来に責任が伴うと考えると、醍醐味うんぬんではなくやるしかない。その意識が自分が大黒柱である事の証明であり、マネジメントという役職の適性だと思います。そんな立場は自分みたいな人間からしたら楽しいに決まってるじゃないですか。プライベートでは独身ですけどね。

活躍する人の特徴は何だと思いますか?

理不尽なことに立ち向かっていける人。社会で働くということは、ルールの決まっているスポーツと違って、不公平だったり理不尽なことに直面する機会がたくさんあります。そんな時に何かのせいにして逃げださず、かっこよく立ち向かえる人が活躍している印象です。他人や環境のせいにできると楽だし、そういう人たちの気持ちもすご~く分かるんですけどね。まあ何かが変わるのを待ってられずに、自分で変えに行く積極性が大事と言い換えられるかもしれません。ALHで活躍している人は皆せっかち。案外自分次第で解決できることだらけなので、悲劇のヒロインになるより無敵のヒーローを演じてしまった方が実は気持ちが楽になったりします。

現在の仕事の内容と成長課題にどのように取り組んでいますか?

現在はALHの売上収益を牽引する部門にてひとつのグループをマネジメントしています。もちろんマネジメントだけでなく、既存の主要顧客との調整や、新規の大口顧客を獲得する際は最前線に立つ機会も多いです。そんな私の成長課題は「権限委譲」です。自身の仕事が多いとき、誰かに手伝ってもらってもいいんじゃないの?と言われることもありますが、自分のこだわりが強く、抱え込みがちです。根本的には仕事の最適配分ができていないから、チームとしては良くないんですよね。今後は、優秀に育ちつつある部下を信じて任せること、また誰もが同じクオリティを保てるように自身のノウハウの伝達を意識していこうと思っています。

働き方で意識していることや理想の働き方はありますか?

今の自分の理想を言えば、エネルギーの続く限り仕事したい!
役職が与えられ、経験値や裁量権も増え、自分が行動すれば会社が未来へ大きく前進できる実感が湧いてから、働くのが楽しくてしょうがないです。だから好きなだけ働くのが理想!と言いたいところですが、ALHも事業規模が大きくなり、また上場グループということもあり、労務管理の面でかなり厳しくなっています。そのため限られた時間の中でいかにパフォーマンスを発揮できるか、生産性もって仕事できるかをとても意識しています。会社の未来に向けてやりたいことが無限にあるんですけどね。ある種、欲望との闘いに近いです。働きすぎるとほんと洒落になんないくらい指導されます。