助け合えたら、どこまででも行ける。
優しい世界を作り出す、
ゆるやかなムードメーカー。

技術職

2020年新卒入社/福井 なつみ

INTERVIEW

INTRODUCTION

2020年新卒入社。龍谷大学経営学部出身。
いつも謙虚で、周囲の助けになれることがないかと探す福井さんは、自然と人が集まる憩いの場のような優しい空気をまとっています。包み隠さず弱さも見せてくれるので、思わず手を差し伸べたくなってしまうのも彼女の強みかもしれません。そして、助けてくれた人への感謝を忘れず、「誰かのため」をエンジンに一歩一歩前に進むひたむきな姿勢が、また他の誰かを勇気づけてくれています。

ALHの面接はどうでしたか?

作られた自分は必要のない面接でした。終始和やかな雰囲気の中で、IT業界に無知な私に仕事内容などを丁寧に教えてくださったり、私がどんな人間であるのかを本気で知ろうとしてくださいました。ただ優しいだけでなく、社会人として必要なことは学ぶよう言っていただいたりと、面接官対学生でありながらも一個人として、私のことを想って接してくださっていると感じていました。

ALHの第一印象はどこで、どうでしたか?

ALHに出会ったのは就活イベントでした。イベント序盤のプレゼンテーションで、「やりたい事なんてなくてもいい。何をやるかではなく誰とやるのかが大事だ。」という人事の方の言葉を聞いて、「あ、私ここで働きたい。」と思ったのを今でも覚えています。当時の私はやりたいことを見つけられず就職活動に焦りを感じていました。ただ、誰かを蹴落として勝ちを取るよりも、仲間と助け合える仕事がしたいとはぼんやりと思っていて、この漠然とした考えが私の中であの言葉にぴたっとはまった気がして、一気にALHに惹かれました。

内定者研修や懇親会の雰囲気はどうでしたか?

このメンバーで集まるのは本当に初めてかな?と思うほど和やかで温かい雰囲気でした。学歴や経歴で人を採用しているのではないというだけあって、会話をしていても相手を大切にできる方ばかりだなと感じました。同期になるのがこの人達なら助け合いながら頑張っていけると安心したのを覚えています。また社員の方たちを見ても、年齢、性別、職種関係なく冗談を交えながら楽しく会話をされていて、フラットな職場だなと感じました。

なぜALHに入社を決めたのですか?

ありのままの自分でいられる場所だと思ったからです。就職活動中、私は人に自慢できるようなものを持っていないこと、やりたいことが見つからないことが悩みでした。ALHの方にそのことを話したとき、その方は私に興味をなくすのではなく、じゃあこれまでどんな風に行動してきたのか、何が自分を動かしてきたのかを深く掘り下げてくださいました。そして、このコンプレックスを明かしてもなお「ALHで一緒に働きたいと思う。」と直球で気持ちを伝えてくださりました。偽りの自分ではなく本当の自分を受け入れてくださったことが本当に嬉しくて、ここなら入社後に求められる自分と実際の自分とのギャップに悩まされることはないのではないかと思いALHに決めました。