仕事でもプライベートでも
無尽蔵なフットワークが持ち味の
ユーティリティプレイヤー。

技術職

2016年新卒入社/谷崎 拓海

INTERVIEW

INTRODUCTION

2016年新卒入社。近畿大学経済学部出身。とにかくフットワークが軽いユーティリティプレイヤーで、会社を我が家のように縦横無尽に駆け回っています。入社してすぐは営業としてクライアント先を駆け巡りながら人間関係を築き、その後は人事制度を利用して全く別分野のセキュリティエンジニアに転身する身軽さが彼の持ち味。また、平日休日関係なく会社の様々な部活動やイベントに顔を出し、積極的にコミュニケーションをとる日々です。関西出身の明るいキャラクターと人懐っこさと、底抜けの優しさで彼の周りでは常に笑顔が絶えません。

働き方で意識していることや理想の働き方はありますか?

本当の意味で「楽しんで仕事をする」ことですね。ALHのミッションスタイルにあるように、常に明るく楽しくポジティブに仕事をしている人は魅力的に見えますし、成功している人ほど仕事を楽しんでいると思います。普段の品質管理・セキュリティという仕事柄、緊張感が高くなる場面もありますが、楽しむことを忘れずに続けていけるのが理想です。
また、おかえり人事制度がただのジョブローテーションではなく、元の部署に戻れる(「おかえり」できる)ので失敗を恐れず思いっきりチャレンジできる環境も、楽しんで仕事できることにつながっていると思います。

仕事の進め方とポリシーや大切にしていること

やはりコミュニケーションが一番大切だと思います。
問題が起きている時の多くは、特定の部署や人物(要素)が悪いのではなく、要素と要素のコミュニケーションに問題があります。逆にプロジェクトがうまく進んでいるチームはコミュニケーションが良好な場合が多いです。何か問題が起こった時には個人にフォーカスするのではなく、要素と要素を繋ぐ線(コミュニケーション)に視点を置くように常に心がけています。会社で様々な人とコミュニケーションラインをたくさん持っておくことがプロジェクト成功の秘訣だと思っています。

この会社じゃなかったら◯◯はなかった

自分では違和感はないのですが、週末や平日に会社の人と遊びに行く事に驚かれます。(笑)
若い社員が多く、One for all制度やブラザーシスター制度等で普段一緒に仕事をしない人とも関わることができるので、自然と仲良くなれるからだと思います。そういった社風からか社長との距離も近く、社長と食事に行くこともあるぐらいです。ALHじゃなかったらここまで四六時中会社の人と一緒にいることはなかったと思いますし、その社風がALH最大の強みだと思っています。もし僕をどこかで見かけたら是非声かけてください!

おかえり人事制度で異動して今どのような思いですか?

新卒で入社してから約2年間は営業部門に在籍し、主にエンジニアのキャリアコーディネーターとして、人材コンサル営業をしていました。業界特有の技術変遷スピードに常にアンテナを張っておく必要がありましたが、業界のトレンドや最先端の技術を学ぶことができたのでとても刺激的な毎日でした。そのような刺激的な日々を過ごすなかで、未経験エンジニアがスキルを身につけて活躍していく姿を見ると、自分もエンジニアとしてチャレンジしたい!と思うようになり、おかえり人事制度を利用し営業部門から技術部門へ異動しました。現在はセキュリティエンジニアとして主にWEBアプリに対して脆弱性診断と対応策の提案を行っています。とにかく今はセキュリティエンジニアとしての経験を蓄積し、自分を迎え入れて下さったプロジェクトチームの方々にいち早く還元できるよう成長したいと思います。エンジニアとしてまだまだ未熟なので今は技術を磨く事に全力で専念したいと思っています。