好奇心は裏切らない。
向き不向きよりも素直に前向きに。

技術職

2019年新卒入社/沢田 優香

INTERVIEW

INTRODUCTION

2019年度新卒入社。早稲田大学文学部出身。好奇心旺盛で何事にも興味をもって取り組む沢田さん。就職活動では本来の持ち味の好奇心と素直さを発揮できず、様々な逆境を経験するも、尊敬する人の教えを思い出しながら常に前向きに乗り越えてきました。強みの好奇心を活かして様々なアイディアを表現できるIT技術を身につけ、社会にインパクトを与えるエンジニアとして成長し、そして家族を支える"人"としてさらなる魅力ある人材になることを願っています。

どんな就職活動をしてきましたか?

私は最初、大手志向で就職活動に臨んでいましたが、「ここに入って、本当に将来理想とする人生の送り方が出来るのだろうか。」という疑問が頭をよぎることもありました。しかし当時は行きたい企業への憧れが先行していたため、企業に自分を合わせ、本音で向き合うことが出来ない就職活動でした。そんな姿勢だったので当然思うように行かず、もう一度「どこの会社に入りたいかではなく、どんな人生を歩みたいか」を真剣に考える時間をとりました。結果ベンチャー志向に変わり、ALH株式会社という素敵な会社に出会うことが出来ました。「何か困難なことが起きたら、なぜ自分にそれが起きたのか考えるようにしている。」これは私の尊敬する人が言っていた言葉ですが、その通りだと思います。一度大手をとことん目指したことは「自分が本当に望むもの」を考えるきっかけになり、紆余曲折を経たからこそ今こうして自分の就職活動を振り返った時に、悩んだ時期も含めて肯定的に捉えることが出来ています。

ALHの面接はどんな印象でしたか?

"面接"の固定観念が一瞬にして覆るようなものでした(笑)
それまで私が受けてきたものは、面接官から投げかけられるいくつかの質問に学生が答えていくというものでした。しかしALHの場合は質問ベースではなく会話ベースで進められ、「自分を繕わなくても大丈夫なんだ」という安心感を自然と覚えるようになっていました。また、こちらが質問に答えるだけでなく、文系出身でほとんど知識のない私にIT業界のことを丁寧に教えて下さり、会社と業界と学生の擦り合わせをしっかりと行っているという印象も抱きました。本当の自分を知ろうとしてくれていると感じた初めての面接でした。

なぜALHに入社を決めたのですか?

文系出身のエンジニアに門戸を開いてくれていることと、取り繕わない素の自分で接することが出来たことが決め手となりました。就職活動中、数々の説明会やイベント等で「人を大事にする」という言葉を散々聞いてきましたが、ALHはそれを本当に実感出来た唯一の企業でした。未経験であることへの不安や、エンジニアは人との関わりが少ないのではないかという疑問に対して、一つ一つ論理立てて説明して下さったことで、しっかりと納得した選択が出来ました。面接の段階から、"面接官対学生"ではなく"人対人"として接してくれたため、入社後もそこのスタンスは変わらないだろうと確信し、この会社でこのひとたちと一緒に働きたいと感じるようになりした。

将来の夢や目標は何ですか?

仕事内容や場所に囚われずに生きていきたいです。私は色々なことに興味を持つ性格なので、常にその好奇心は満たしていたい、でも一つの芯は持っていたい。そう考えた時にIT業界は自分にぴったりだと感じました。これからの世の中、今以上に様々な事が変化していくことは間違いないですが、どの業界にも共通して必要不可欠なものが"IT"だと思います。私は文系出身で全くの未経験者ですが、何も分からないからこそ考えつけるような可能性を大事にして行きたいです。今は母が介護福祉士で漠然とですが大変さを見てきたこともあり、ITの力で介護業界を少しでも良く出来ればなと思っています。また、私は島が大好きで、仕事がないことが原因で人口が減っていることを勿体ないと感じたため、離島×ITという組み合わせにも興味があります。未経験だからと言って甘んじず技術力を磨くことは勿論、人としての魅力を感じてもらえるようなエンジニアになりたいです。